「江戸」の中心、ジェノヴィア東神田グリーンヴェールの魅力について

物件概要

ジェノヴィア東神田グリーンヴェールは、千代田区東神田2丁目の新築高級賃貸マンションで、秋葉原駅から徒歩9分のアクセスの良い場所にあります。さらに複数の路線の利用が可能です。場所も間取りも設備も、現代的な都会での単身またはカップルでの生活に向いたものとなっており、新築もあいまって快適な都会生活を送ることのできる物件です。

特徴

新築で利便性が良い
ジェノヴィア東神田グリーンヴェールは、2020年5月に建てられた、新築の高級マンションです。地上12階建てで間取りは1Kから1 LDK まで。秋葉原駅より徒歩9分の場所にありますが、秋葉原駅だけではなく、総武本線の馬喰町や中央総武線の浅草橋駅、都営新宿線の馬喰横山駅なども徒歩数分圏内にあります。また、東京駅や上野駅からの直線距離も近く、タクシーで気軽に移動できる距離にあります。
元々の江戸の町のほぼ中心部に位置すると言えるこの立地は、東京の中でも昔からの都心部のどこに行くにも非常に近いという特徴を持っています。徒歩や自転車やタクシーでも、鉄道移動でも、大変便利な場所に立地しています。
都心での生活が快適な設備と周辺環境
1Kから1LDKまでという間取りをみても、また敷金礼金が抑えられているというところから見ても、この物件は基本的には、単身者からカップルの居住を想定して建てられています。そのため、そういったライフスタイルの人たちの都会生活がより快適になる設備が整っています。新築ですので、2020年現在での最新の内装設備で揃えられているため、設備が今時で満足度は高いでしょう。
具体的に言うと、宅配ボックス、インターネット接続、敷地内ゴミ置き場があります。買い物も飲食も宅配によるものが多くなった現在、家族や同居人に配達荷物を受け取ってもらうことが困難な単身者や共働きカップルにとって、再配達を依頼しなくて済み、他人に会わずに荷物を受け取れる宅配ボックスは、生活の利便性を大きく向上するアイテムと言って良いでしょう。またインターネット接続は必須のものであり、最初から無料で入っているのは便利です。また、生活パターンがまちまちになりがちな都心の単身生活において、場所や曜日を厳しく指定されたゴミ捨ては実際問題として難しく、敷地内ゴミ置き場は生活利便性の大幅な向上をもたらしてくれるでしょう。
物件の周囲の環境は、いわゆる郊外的な子育てファミリー型の環境ではありませんが、近所にコンビニが複数あり、ミニスーパーも多く、中型スーパーであるライフが徒歩圏内にあります。そもそも徒歩9分の秋葉原駅は、近年では繁華街として発展しており、一人暮らしの日常生活を支える環境としては、非常に便利な場所であると言えます。
また基本的には周辺はビジネス街ですので人通りも多く、夜になっても寂しいとか危険だという感じにはあまりなりません。また物件にはオートロックや防犯カメラなどのセキュリティも充実しており、一人暮らしのしやすい環境となっています。
ペット飼育相談可
ペットの飼育が相談可能です。犬または猫で、体重が20 kg までとなります。
ビジネスパーソンの東京拠点に向く
かつては、賃貸住宅の居住者モデルは、都心に通うサラリーマンでした。都心から家までの距離が大きな関心事項であり、通勤圏外の人が東京で仕事があるときは出張となり、ビジネスホテルなどに宿泊していました。
今でもそのようなビジネスパターンは一般的です。しかし今では、勤務形態の多様化や、新幹線の延長などにより、そういったパターン以外の働き方をする人も増えてきています。拠点は地方都市にあり、週に数日とか平日は東京に居住しているという場合もありますし、月の半分が地方で月の半分が東京であったり、人によってはそれが地方ではなく海外であったりします。
そのようなビジネスパターンの場合、繁華街にあるビジネスホテルを拠点にしていたのでは費用がかかることもありますが、それ以上に生活が不便だという問題が生じます。生活に便利ということで言うと郊外の住宅の方が良いのですが、今度はビジネスの面で考えると、通勤に時間がかかるなどのデメリットが生じてしまいますし、ファミリー居住を前提にした間取りは大きすぎて不便でしょう。
そのような人達にとって、東京駅からタクシーで移動できる場所にあり、羽田空港や成田空港からのアクセスが良く、東京都心部のどこに行くにも便利で、夜が遅くなりタクシーで帰ってきてもあまり苦にならない場所にあるというのは、大変便利で、そしてなにより体が楽です。また、コンビニやスーパーなど単身者用の設備が整っている周辺の環境や、宅配ボックスや敷地内ゴミ置き場の存在は、このような生活をしっかりと支えてくれるものとなるでしょう。
秋葉原至近
歴史的経緯位により、賃貸住宅の条件表記では最寄り駅及び最寄り駅からの距離が重視されていました。それで言うとジェノヴィア東神田グリーンヴェールはJR総武本線馬喰町駅が最寄り駅で、そこから徒歩4分となります。しかし実質的な街の規模や利便性を考えると、この物件は秋葉原駅徒歩9分と言うべきですし、平日の過ごし方も、休日の過ごし方も、秋葉原エリアを念頭に置くことになるかと思います。
言うまでもなく秋葉原は電気街として有名で、またオタクの聖地などとも呼ばれますが、近年ではつくばエクスプレスの開業などでターミナル性も増し、駅前の再開発も進み、一般的な意味での山手線沿いの繁華街に近くなってきています。秋葉原に住むとなると、電気街やサブカルチャーに興味のある人だけにメリットがあるように見えますが、実際は現代的な勢いのある繁華街です。例えば秋葉原はラーメン店やB級グルメの店が多く、休日に家の近くの店を検索して調べてちょっと出かけるというのがやりやすい街です。夜の飲食店もまた同様です。実のところ、新宿や渋谷や池袋などの東京の繁華街は、郊外鉄道の開通により通勤通学のターミナル駅として繁華街が栄えてきたという歴史があり、郊外から都心へ通勤通学で通うというライフスタイルに最適化された繁華街なので、自身が都心に住み、必ずしも通勤というビジネススタイルを取らず、インターネットと宅配を多用すると言った単身生活者にとって、新宿や渋谷が必ずしも便利な繁華街とは言えないところがあります。その意味においても秋葉原は新しい時代の住みやすい街であると言えるでしょう。
「江戸」の中心
ジェノヴィア東神田グリーンヴェールもうすぐ北には神田川が流れておりその神田川すぐに隅田川に合流します。このあたりは東京が江戸であった時代の中心部です。今でこそ東京と言うと新宿や渋谷が繁華街であり東京の中心部と言うと山手線をイメージする人が多いかと思いますが東京が今のような姿になったのは、明治以降の、特に都電が開通した後であり、東京は鉄道によって大きくなった町です。それ以前の東京は江戸城すなわち今の皇居と隅田川に挟まれた地域が街の中心部でした。皇居の西側は旗本や大名の屋敷街となっており、明治以降にそれらがまとまった土地として大型開発されたことにより、東京が西側に向かって大きくなっていきました。
そのためこのエリアは江戸時代より続く繁華街として、老舗や名店の多い場所となっています。見た目こそ江戸時代とは異なりますが、地名や道路などにその名残を多く残し、江戸が今に続いている場所と言えるでしょう。
また人々がここで移動していた時代の江戸の中心となるということは、現在でも徒歩や自転車で昔の江戸の中心地に簡単に行けるということでもあります。鉄道路線図を見ているとピンときませんが、実際ここを中心に徒歩や自転車で移動してみると、東京のあちこちに至近であることを実感できるでしょう。